その5

鰻養殖の父 服部倉治郎

 

 初の計画的な鰻の養殖は服部倉治郎によって明治12年東京市深川区千田新田(現東京都江東区千田)
に於いて行われました。
 
服部家は代々続く長州藩御用の「鮒五」と言う川魚問屋で、その時代としてはかなり裕福な町民であったと
思われます。千田新田は享保年間に開発を始めた埋立地で、深川十万坪とも言われる広大な土地でありました。
服部家はこの中に田畑と池を所有する地主でもあったと思われます。
 
江戸末期より深川周辺では町民・下級武士による金魚の養殖が盛んに行われており、服部家も金魚・鯉・
鮒の養殖を行っていました。倉治郎の最初のテーマは鼈(スッポン)の養殖でありました。
慶応2年倉治郎の父が飼育に成功、明治8年に倉治郎が人工孵化に成功、しかしスッポン料理の本場は
上方で、関東ではあまり需要があったとは思われず、彼は別の養殖にチャレンジしていきます。
 
倉治郎は川魚問屋としてウナギの商品価値を熟知していた上、ウナギの幼魚であるクロコがとれても商品
とならず、捨てられたり川に戻されたりしていることを熟知していました。
そこで倉治郎は自分の土地である千田新田の2haの荒れ地の池に、幼魚のウナギを放して養殖し成魚に
して販売することを始めました。
 
これにより江戸時代には季節的な漁獲量の変化により不安定であったウナギの供給が、
安定的に供給されるようになり、深川周辺の本場の鰻屋はだいぶ助かったのではないかと思われます。
またスッポンの養殖に比べ設備投資が少なく(養鼈には逃亡防止の柵や産卵場が必要、初期の養鰻には
池さえあれば後は不要)、需要は多く、大変当たった養魚でありました。
 
倉治郎は時の政府の勧業振興策に乗り、明治16年には合資会社千田養魚場と言う会社を興し、その後
水産伝習所(後の東京水産大学)の淡水養殖実験場の研究員となり、千田養魚場に東京大学の箕作博士、
石川博士を招き、二博士は鰻・鼈の研究をすすめ世界に英文で発表しています。
また自身も水産博覧会・内国博覧会など大正3年までに12回もの表彰を受けています。
 
さて「明治30年愛知県幡豆郡一色町(奇しくも現在日本一の鰻の養殖地)に愛知県水産試験場が設立
されるため、同地に出張する途中、浜名湖畔を見て「これは養殖に最適な土地である。」と途中下車し、
明治33年養殖を開始した。」とされています。
しかしこの話しはかなり眉唾で、実際はこの地で養殖が巧く行かない那須田又七等に招致されて
やって来たのでしょう。
 
当時東海道線が全通した頃で、浜名湖は関東・関西の二大消費地に等距離であり、将来を見越しての
措置だったのでしょう。そして鰻の養殖を教え、かなり集約的に生産することが可能になりました。
そしてスッポンの養殖もこの地に移し、舞阪の名家中村家と合弁で「服部中村養鼈場」を興し、
(現在同社のスッポン市場におけるシェアは全国の60%)名実ともに浜名湖を鰻の産地にしました。



 
Copyright © 2000(C) 鰻割烹 大 和 田 all right reserved.